NEWS(11/02/25 17:01)

同じジャンルのソフトを探す(オフィス)

Google、「MS Office」でオンライン共同編集ができる「Google Cloud Connect」

Office文書を“Google ドキュメント”を使って共有し、リアルタイムで共同編集

「Google Cloud Connect for Microsoft Office」v2.0.1953.5016 「Google Cloud Connect for Microsoft Office」v2.0.1953.5016

 米Google Inc.は24日(現地時間)、Office文書を“Google ドキュメント”と自動同期して、オンラインでの共同作業ができる「Microsoft Office(以下、MS Office)」用アドイン「Google Cloud Connect for Microsoft Office」v2.0.1953.5016を公開した。Windows XP/Vista/7上の「MS Office」2003/2007/2010に対応するフリーソフトで、編集部にてWindows Vista上の「MS Office」2010で動作確認した。現在、同社のWebサイトからダウンロードでき、動作には.NET Framework 2.0が必要。

 「Google Cloud Connect for Microsoft Office」は、「Word」「Excel」「PowerPoint」で作成した文書ファイルを自動で“Google ドキュメント”と同期できるアドイン。文書ファイルをローカルに保存すると、同時に“Google ドキュメント”へファイルをアップロードできる。さらに同期した文書を共有し、本アドインをインストールした「MS Office」同士で離れた場所でもリアルタイムに共同編集が行えるのが特長。

 本アドインをインストールすると、「MS Office」のツールバー下部に本アドインのツールバーが追加される。ツールバーからは文書を自動で同期するか、任意のタイミングで同期するかをプルダウンメニューで選択可能。任意のタイミングで同期する設定にした場合は、ツールバー上の[Sync]ボタンを押すと同期が行われる仕組み。

 さらに、同期が完了するとツールバー上へ“Google ドキュメント”上に同期された文書へのリンクが表示されるとともに、[Share]ボタンが表れる。[Share]ボタンを押すと文書の公開範囲を設定するダイアログが表れ、“Google ドキュメント”を通じてほかのユーザーとその文書を共有可能。

同期タイミングをプルダウンメニューで選択可能 同期タイミングをプルダウンメニューで選択可能

公開範囲を設定するダイアログ 公開範囲を設定するダイアログ

Webページのダウンロードリンクから文書をダウンロード Webページのダウンロードリンクから文書をダウンロード

 共有した文書は本アドインをインストールした「MS Office」同士でリアルタイムにオンラインでの共同作業が可能になる。共同作業をするには、まず共有を有効にした文書のURLをメールなどで共有相手に送り、相手にWebページを開いてもらう。次に、そのWebページ上のダウンロードリンクから文書をダウンロードして「MS Office」で開いてもらおう。

 「MS Office」で文書を開くとウィンドウ上部に黄色い警告バーが表示されるので、[編集を有効にする]ボタンを押せばリアルタイムの共同作業を開始可能。共同作業中の同期は、一方が“Google ドキュメント”へ文書を同期すると、即座に他方の「MS Office」上に変更があった旨を通知するダイアログが表れ、[Update your document]ボタンを押せば反映される仕組み。

警告バーの[編集を有効にする]ボタンを押そう 警告バーの[編集を有効にする]ボタンを押そう

変更があった旨を通知するダイアログ 変更があった旨を通知するダイアログ

【著作権者】
Google Inc.
【対応OS】
Windows XP/Vista/7
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
2.0.1953.5016(11/02/24)

(長谷川 正太郎)