NEWS(11/01/06 15:20)

同じジャンルのソフトを探す(システム・ファイル)

フリーのイメージバックアップソフト「EASEUS Todo Backup Home」v2.0が公開

ファイル・フォルダ単位でのバックアップに対応、ユーザーインターフェイスも一新

「EASEUS Todo Backup Home」v2.0 「EASEUS Todo Backup Home」v2.0

 フリーのイメージバックアップソフト「EASEUS Todo Backup Home」の最新版v2.0が、12月30日に公開された。Windows 2000/XP/Vista/7に対応するフリーソフトで、非商用かつ私的に家庭PCで使用する場合のみ無償で利用可能。現在、本ソフトの公式サイトや窓の杜ライブラリからダウンロードできる。

 「EASEUS Todo Backup」は、指定したドライブやパーティションを丸ごとイメージ化してバックアップできるソフト。メジャーバージョンアップとなる本バージョンでは、従来までのドライブやパーティション単位でのバックアップに加え、フォルダやファイル単位でのバックアップが可能になった。

 また、そのほかにも新機能が多く追加されており、これに合わせてユーザーインターフェイスのデザインも一新された。メイン画面は各種機能が5つのタブにまとめられており、目的の機能が見つけやすくなっている。

 新たに追加されたフォルダやファイル単位でのバックアップ機能を利用するには、まず[Backup]タブにある[File backup]ボタンを選択する。あとはウィザードに従って必要な設定を行えばよい。フォルダツリーでバックアップ対象のファイルやフォルダを選択する方式のほか、文書ファイルや音楽ファイルなど指定したファイルタイプのみをバックアップする方式も選択できる。

 さらに、2度目のバックアップからは増分バックアップ(Incremental Backup)機能を利用可能。前回のバックアップから追加や変更があったフォルダ・ファイルのみを保存するので、バックアップにかかる時間を大幅に短縮できる。

フォルダツリーで対象のファイルやフォルダを選択する方式のほか、ファイルタイプを指定してバックアップする方式も選択可能 フォルダツリーで対象のファイルやフォルダを選択する方式のほか、ファイルタイプを指定してバックアップする方式も選択可能 フォルダツリーで対象のファイルやフォルダを選択する方式のほか、ファイルタイプを指定してバックアップする方式も選択可能

ディスクやパーティションのバックアップイメージをVHD/VMDK形式へ変換 ディスクやパーティションのバックアップイメージをVHD/VMDK形式へ変換

 そのほか、定期的にバックアップを行う“Schedule Backup”機能も追加された。バックアップを行うように指定した時刻にPCの電源がOFFになっていても、次回起動時にバックアップ作業を行うよう指定できる。また、作成したバックアップイメージの管理機能も強化。[Backup]タブにある[Backup management]ボタンを押すと現れる管理画面から、既存のイメージを削除したり、ディスクやパーティションのバックアップイメージをVHD/VMDK形式へ変換することができる。

【著作権者】
CHENGDU YIWO Tech Development Co., Ltd.
【対応OS】
Windows 2000/XP/Vista/7
【ソフト種別】
フリーソフト(非商用かつ私的に家庭PCで使用する場合のみ)
【バージョン】
2.0(10/12/30)

(柳 英俊)