NEWS(10/10/21 15:19)

同じジャンルのソフトを探す(インターネット・セキュリティ)

フェンリル、IE9ベータ版に対応した「Sleipnir」v2.9.5および「Grani」v4.4を公開

DLLファイルの読み込みに関する脆弱性も修正

「Sleipnir」v2.9.5 「Sleipnir」v2.9.5

 フェンリル(株)は21日、Webブラウザー「Sleipnir」v2.9.5および「Grani」v4.4を公開した。最新版の主な変更点は、IE9ベータ版に対応したこと。

 IE9ベータ版では、HTML5やCSS3といった最新のWeb標準技術への対応を強化したほか、GPUによるハードウェアアクセラレーションを活用することでWebコンテンツの描画速度も大幅に向上しており、「Sleipnir」「Grani」でもその恩恵を期待できる。ただし、IE9ベータ版は動作テストを目的として公開されているので、利用の際は注意してほしい。

 また本バージョンでは、DLLファイルの読み込みに関する脆弱性も修正されている。本脆弱性は、外部DLLを読み込む際の検索パスの指定が不正確なため、細工を施されたDLLファイルが意図せずに読み込まれてしまう恐れがあるというもの。最悪の場合、ソフトを実行している権限で、任意のコードを実行される可能性があった。

 そのほか、特定のページを表示したタブをドラッグ&ドロップするとフリーズする不具合や、[ファイル]−[ショートカットの作成]メニューを利用してデスクトップへショートカットファイルを作成できない場合がある不具合を修正した。

 「Sleipnir」はWindows 98/Me/2000/XP/Vista/7、「Grani」はWindows 2000/XP/Vista/7に対応するフリーソフトで、両ソフトともに現在同社のWebサイトからダウンロードできる。

「Sleipnir」

【著作権者】
フェンリル(株)、柏木 泰幸 氏
【対応OS】
Windows 98/Me/2000/XP/Vista/7
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
2.9.5(10/10/21)

「Grani」

【著作権者】
フェンリル(株)、柏木 泰幸 氏
【対応OS】
Windows 2000/XP/Vista/7
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
4.4(10/10/21)

(柳 英俊)