NEWS(10/09/28 15:51)

Webブラウザーのブックマークや閲覧履歴を同期するサービス“Xmarks”が終了

2011年1月10日で終了、利用中のユーザーはほかのサービスへの移行を

“Xmarks”の終了を告知するWebページ “Xmarks”の終了を告知するWebページ

 Xmarks, Inc.は27日、同社が各種Webブラウザー向けに提供しているブックマークや閲覧履歴の同期サービス“Xmarks”を2011年1月10日で終了すると発表した。

 “Xmarks”は、Webブラウザーのブックマークや閲覧履歴、開いているタブといった情報を複数のPCで同期できるWebサービスで、2006年に「Firefox」専用の同期サービス“Foxmarks”としてスタートした。

 その後、Mozillaから同期機能をもつ公式の拡張機能「Weave」(現在の「Firefox Sync」)が公開されたこともあり、対応するプラットフォームを拡充。それに伴い、2009年に現在の“Xmarks”へサービス名が変更された。現在では、「Internet Explorer」や「Google Chrome」のほか、Mac OS X版の「Safari」にも対応している。

 同社では、拡張機能のアンインストールとほかの同期サービスへの移行を推奨しており、移行先のサービスを紹介するWebページや、サービス終了に伴うFAQを公開しているので、現在利用中のユーザーはそれを参照しながら移行の準備を整えてほしい。

(柳 英俊)