NEWS(10/03/23 16:20)

同じジャンルのソフトを探す(デスクトップ)

ジャストシステム、初代「一太郎」の動作画面を再現したスクリーンセーバーを公開

“一太郎”シリーズ誕生25周年記念、「ATOK4」による変換も再現される

「一太郎25周年記念スクリーンセーバー」 「一太郎25周年記念スクリーンセーバー」

 (株)ジャストシステムは23日、同社製の老舗ワープロソフト“一太郎”シリーズ誕生25周年を記念し、1985年に発売された初代「一太郎」の動作画面を再現したスクリーンセーバー「一太郎25周年記念スクリーンセーバー」を公開した。Windowsに対応するフリーソフトで、編集部にてWindows Vista/7で動作確認した。現在、同社のWebサイトからダウンロードできる。

 スクリーンセーバーを起動すると、まずPC-9801上でMS-DOSが起動している画面が表示される。起動時の画面では、MS-DOSの日本語入力ソフトに「ATOK4」が使われていることが確認可能。

 やがて、「一太郎」を起動するコマンドが入力されて「一太郎」のロゴが表示され、「一太郎」が起動する。「一太郎」が起動すると生誕25周年の記念メッセージが「ATOK4」で変換されながら入力される光景を見ることが可能。MS-DOS上で動作しているその画面に懐かしさを禁じ得ない人も多いだろう。

【著作権者】
(株)ジャストシステム
【対応OS】
(編集部にてWindows Vista/7で動作確認)
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
-(10/03/23)

(長谷川 正太郎)