NEWS(10/02/08 16:43)

5年以上の沈黙を破り、Windowsカスタマイズソフト「窓の手」作者が開発再開を表明

新バージョンはWindows 7対応となり、今年中の正式版公開を目指しているとのこと

「窓の手」公式サイト 「窓の手」公式サイト

 定番のWindowsカスタマイズソフト「窓の手」の作者として知られる猪川正巳氏は4日、2004年から開発が止まっている「窓の手」の開発を再開したことを公式サイトで表明した。「窓の手」はv2004以降新バージョンが公開されておらずWindows Vista/7には非対応ながら、窓の杜の2009年年間ダウンロードランキングでは“システム・ファイル”ジャンルの10位に入るなど、高い人気を維持している。

 現在、「窓の手」のベータ版などは公開されていないが、作者によると新バージョンはWindows 7対応となり、今年中の正式版公開を目指しているという。また、「窓の手」に実装してほしい機能があれば、メールで要望を受け付けているとのこと。

(長谷川 正太郎)