NEWS(09/12/09 14:59)

同じジャンルのソフトを探す(インターネット・セキュリティ)

Adobe、深刻度最高の脆弱性を修正した「Adobe Flash Player」「Adobe AIR」を公開

アプリケーションが強制終了させられ、システムを制御されるおそれ

 米Adobe Systems Incorporatedは8日(現地時間、以下同)、「Adobe Flash Player」v10.0.42.34および「Adobe AIR」v1.5.3を公開した。最新版の主な変更点は、3日に同社が公表した深刻度が4段階中最高の“Critical”に分類された脆弱性を修正したこと。

 本脆弱性は「Adobe Flash Player」v10.0.32.18および「Adobe AIR」v1.5.2以前のバージョンに存在し、同脆弱性を利用することでアプリケーションが強制終了させられ、システムを制御されるおそれがあったという。同社では、すべてのユーザーにアップデートを推奨している。

 「Adobe Flash Player」はWindows 2000/XP/Server 2003/Vista/Server 2008/7に対応し、「Adobe AIR」はWindows 2000/XP/Server 2003/Vista/7および64bit版のVista/7に対応するフリーソフトで、いずれも現在同社のWebサイトからダウンロードできる。

「Adobe Flash Player」

【著作権者】
Adobe Systems Incorporated
【対応OS】
Windows 2000/XP/Server 2003/Vista/Server 2008/7
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
10.0.42.34(09/12/08)

「Adobe AIR」

【著作権者】
Adobe Systems Incorporated
【対応OS】
Windows 2000/XP/Server 2003/Vista/7/Vista x64/7 x64
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
1.5.3(09/12/08)

(長谷川 正太郎)