NEWS(09/11/24 14:27)

同じジャンルのソフトを探す(インターネット・セキュリティ)

Webブラウザーにサーバーを統合する“Opera Unite”を搭載した「Opera」v10.10

巨大ファイルのやり取りに便利な“File Sharing”など便利な双方向機能を利用可能

“Opera Unite”を正式搭載した「Opera」v10.10 “Opera Unite”を正式搭載した「Opera」v10.10

 ノルウェーのOpera Software ASAは23日(現地時間)、独自エンジンを搭載したWebブラウザー「Opera」の最新版v10.10を公開した。最新版の主な変更点は、これまで開発版に搭載されていた“Opera Unite”を正式に搭載したこと。

 “Opera Unite”とは、「Opera」にサーバー機能を組み込むことで、Webブラウザーを情報の閲覧ツールにとどまらず、情報の発信や共有・交換ツールとしても利用可能にする新技術。Webサーバーへアクセスするだけでなく、自らがWebサーバーとなってデータを配信できるので、ローカルPC上の画像をWebへ公開したり、巨大なファイルをやり取りするといった作業を「Opera」のみで行えるようになる。

 “Opera Unite”では、任意のサーバー機能をアプリケーションとして追加・削除可能な仕組みになっており、初期状態では以下の6つのアプリケーションが用意されている。

  • “Web Server”: 手軽にWebサイトを構築
  • “Photo Sharing”: ローカルPCの写真をWebへ公開
  • “File Sharing”: 巨大なファイルのやり取り
  • “Media Player”: ローカルPC内のメディアを携帯端末などへストリーム配信
  • “Fridge”: メモを共有。家族が伝言を書いた紙を貼る冷蔵庫を模している
  • “Messenger”: コミュニティサイト“My Opera”に登録した友達とチャット

 なお、“Opera Unite”機能を利用するには無償のアカウント登録が必要で、“Opera Unite”を実行中のPCには、“http://(PC名).(アカウント名).operaunite.com”というアドレスが一時的に割り当てられる仕組み。ほかのPCや携帯端末からそのアドレスへアクセスすれば、本ソフト内蔵のサーバーへ直接接続できる。その際利用するWebブラウザーは、「Opera」でなくともよい。

 “Opera Unite”のアプリケーションはHTML、CSS、JavaScriptなどを利用して自分で作成することも可能。開発資料も用意されているので、興味のある人は挑戦してみてはいかがだろうか。

 本ソフトは、Windowsに対応するフリーソフトで、編集部にてWindows 7で動作確認した。現在、同社のWebサイトや窓の杜ライブラリからダウンロードできる。

【著作権者】
Opera Software ASA
【対応OS】
(編集部にてWindows 7で動作確認)
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
10.10(09/11/23)

(柳 英俊)