NEWS(09/09/24 16:08)

同じジャンルのソフトを探す(インターネット・セキュリティ)

Google、IEを“Chrome”相当へ強化するプラグイン「Google Chrome Frame」を公開

“canvas”タグや“video”タグなど“HTML5”の新機能をIEでも利用可能に

「Google Chrome Frame」 「Google Chrome Frame」

 米Google Inc.は22日(現地時間)、IEで“Google Chrome”相当の描画エンジンを利用可能にするプラグイン「Google Chrome Frame」を公開した。Windows XP/Vista/7上のIE6/7/8に対応するフリーソフトで、現在“Google Code”内の本ソフトのページからダウンロードできる。なお、本プラグインは開発初期段階のものであり、開発者やテスター向けとされている。

 本プラグインは、特定のメタタグが埋め込まれたWebページを、IE標準の“Trident”エンジンではなく、“Google Chrome”で採用されている“WebKit”エンジンでレンダリング可能にするプラグイン。“Trident”エンジンが対応していない“canvas”タグや“video”タグなどの“HTML5”規格で採用された新機能を利用したり、よりWeb標準に準拠したCSSの解釈が可能になる。また、“Google Chrome”に搭載されている高速なJavaScriptエンジン“V8”を利用できるため、JavaScriptの処理速度も高速化が見込めるという。

本プラグインを導入したIEで特定のメタタグが挿入されたWebページを閲覧すると、“WebKit”エンジンでレンダリングできる(左: メタタグなし、右: メタタグあり) 本プラグインを導入したIEで特定のメタタグが挿入されたWebページを閲覧すると、“WebKit”エンジンでレンダリングできる(左: メタタグなし、右: メタタグあり) 本プラグインを導入したIEで特定のメタタグが挿入されたWebページを閲覧すると、“WebKit”エンジンでレンダリングできる(左: メタタグなし、右: メタタグあり)

Webサイトの制作者側による対応作業は指定されたメタタグをHTMLファイルのヘッダー部分へ挿入するだけでよい Webサイトの制作者側による対応作業は指定されたメタタグをHTMLファイルのヘッダー部分へ挿入するだけでよい

 Webサイトの制作者側による対応作業は、“<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="chrome=1">”というメタタグをHTMLファイルのヘッダー部分へ挿入するだけでよい。本プラグインが導入されていれば、自動的に“WebKit”エンジンでWebページが描画される。なお、メタタグが記述されていないWebページでは、通常通り“Trident”エンジンが利用される仕組み。

【著作権者】
Google Inc.
【対応OS】
Windows XP/Vista/7
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
-(09/09/22)

(柳 英俊)