窓の杜Logo
同一ジャンルソフト記事
同じ「システム・ファイル」ジャンルのソフト記事を読む
REVIEW (09/06/11)

OS管理外メモリ領域へRAMディスクを構築できるフリーソフト「VSuite Ramdisk」

RAMディスクの記録内容を保存し次回起動時に復元する機能も備える

「VSuite Ramdisk」v1.8.3601.2338
「VSuite Ramdisk」v1.8.3601.2338
 「VSuite Ramdisk Public Edition」は、メインメモリ上へ“RAMディスク”を構築できるソフト。32ビット版のWindows 2000/XP/Server 2003に対応するフリーソフトで、作者のWebサイトからダウンロードできる。なお、64ビット版WindowsやWindows Vista/7などには現在対応していないが、今後の対応が予定されている。

 本ソフトは、メインメモリ上に仮想ドライブを構築して、“RAMディスク”として利用できるソフト。メインメモリの一部をそのままドライブとして利用するので、HDDよりもはるかに高速なデータの読み書きが可能になる。データアクセスの激しいテンポラリフォルダやページファイルなどをRAMディスク上へ配置しておけば、PC全体のパフォーマンス向上が見込めるだろう。

 さらに、本ソフトはOS管理外のメモリ領域をRAMディスク化することも可能。32ビット版Windowsでは約3.2〜3.5GBまでしかメモリを管理できず、それ以上のメモリを搭載していても利用されず無駄になってしまうが、それを有効活用できるというわけだ。また、RAMディスクはPCの電源をOFFにすると記録内容が失われてしまうのが弱点だが、本ソフトはOS終了時に記録内容をイメージファイルとしてバックアップし、次回起動時にイメージファイルをRAMディスクへ書き戻して復元する機能も備えているので安心だ。

 本ソフトでは、最大128個、合計4GBまでのRAMディスクを作成できる。作成時にドライブレターやファイルシステムなども指定可能で、バックアップ機能やOS管理外のメモリ領域へRAMディスクを作成する機能の設定も同時に行う。

 バックアップ機能を利用するには、作成画面で[Enable Image File]項目と[Save at Computer Shutdown]項目のチェックをONにして、イメージファイルの保存先を指定しておく。OS管理外のメモリ領域をRAMディスク化する際は、あらかじめ設定画面の[Enable OS Invisible Physical Memory]項目にチェックを入れておき、作成画面で[Use OS Invisibe Memory]項目のチェックをONにすればよい。

OS管理外のメモリ領域のRAMディスク化も可能。利用する際はあらかじめ設定画面で機能を有効にしておこう   OS管理外のメモリ領域のRAMディスク化も可能。利用する際はあらかじめ設定画面で機能を有効にしておこう
OS管理外のメモリ領域のRAMディスク化も可能。利用する際はあらかじめ設定画面で機能を有効にしておこう


【著作権者】Romex Software
【対応OS】Windows 2000/XP/Server 2003
【ソフト種別】フリーソフト
【バージョン】1.8.3601.2338(09/05/30)

□Romex Software - Desktop, Multimedia, Embedded Software Developer
http://www.romexsoftware.com/
□窓の杜 - 【NEWS】バッファロー、OS終了時にデータを保存可能なRAMディスク作成ソフトを無償公開
http://www.forest.impress.co.jp/article/2009/06/10/buffaloramdisk.html
□窓の杜 - 【REVIEW】アイ・オー、“RAMディスク”を作成する「RamPhantom LE」の最新版を無償公開
http://www.forest.impress.co.jp/article/2008/10/08/ramphantom3le.html

(柳 英俊)




トップページへ

Copyright ©2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.
窓の杜編集部へのご連絡について