窓の杜Logo
同一ジャンルソフト記事
同じ「オフィス」ジャンルのソフト記事を読む
REVIEW (08/11/19)

ネットで変換辞書を育てる「Social IME」をATOKで利用可能にするプラグイン

変換精度の高いATOKとWebで蓄積された変換辞書が自慢の「Social IME」を融合

「Social IMEプラグイン」
「Social IMEプラグイン」
 「Social IMEプラグイン」は、インターネットを介しユーザー同士で変換辞書を育てる「Social IME」を「ATOK」からも利用可能にする“ATOKダイレクト”用プラグイン。「ATOK 2008」に対応するフリーソフトで、編集部にてWindows Vistaで動作を確認した。作者のWebサイトからダウンロードできる。

 「Social IME」とは、ネットワークを通じてユーザーが登録した変換辞書を共有できる日本語入力ソフト。入力文字の変換時にネットワークへ接続し、各ユーザーが蓄積したデータを参照して変換候補をリストアップできる。

 この「Social IME」の機能は、“Social IME API”というWeb APIとしても提供されており、それを“ATOKダイレクト”機能を用いて「ATOK」からも利用可能にしたのが「Social IME変換プラグイン」だ。

 本プラグインにはインストーラーも添付されており、簡単に導入できる。インストール後は、単語を変換する際に[Ctrl]+[Shift]+[Insert]キーを押すと、“Social IME API”で取得した変換候補が表示される仕組み。

 変換精度の高さに定評のある「ATOK」を常用しつつ、ニッチな用語に強い「Social IME」の変換辞書も手軽に利用できるのがうれしい。通常のATOK辞書には登録されていない専門用語や流行語、歴史上の人物名といった単語も、簡単に変換できるかもしれない。

 また、作者サイトでは「計算プラグイン」も併せて公開されている。数式を変換すると、計算結果を変換候補に含めることができるプラグインで、たとえば“(2-1)/3*3”という文字列を“1”という答えとして変換できる。長文を書いている最中にちょっとした計算がしたくなった場合などに便利だ。

 “ATOKダイレクト”機能は、外部のアプリケーションやWebから取得したデータを直接「ATOK」の変換候補として利用できる機能。先月30日に、開発キット「ATOKダイレクト API for Perl / Ruby」が公開されており、ユーザーが自分でプラグインを開発して「ATOK」を強化できるようになっている。


【著作権者】t_daicho 氏
【対応OS】(編集部にてWindows Vistaで動作確認)
【ソフト種別】フリーソフト
【バージョン】-(08/11/04)

□ATOKダイレクト Social IME変換プラグイン公開 - t_daichoの日記
http://d.hatena.ne.jp/t_daicho/20081104/1225810605
□Social IME 〜 みんなで育てる日本語入力 〜
http://www.social-ime.com/
□窓の杜 - 【NEWS】ユーザー同士で変換辞書を共有できる日本語入力ソフト「Social IME」
http://www.forest.impress.co.jp/article/2008/02/15/socialime.html
□窓の杜 - 【NEWS】ジャストシステム、スクリプト言語で「ATOK 2008」を拡張できる開発キット
http://www.forest.impress.co.jp/article/2008/10/30/atokdirectapi.html
□窓の杜 - ATOK 2008
http://www.forest.impress.co.jp/lib/offc/print/ime/atok2008.html

(柳 英俊)




トップページへ

Copyright ©2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.
窓の杜編集部へのご連絡について