窓の杜Logo
同一ジャンルソフト記事
同じ「画像・映像・音楽」ジャンルのソフト記事を読む
REVIEW (08/10/07)

“iPod”自身に入れて持ち運べる軽快な“iPod”管理ソフト「Floola」

“iPod”に非対応の音楽・動画ファイルを自動変換してインポートする機能も

「Floola」v3.6
「Floola」v3.6
 「Floola」は、iPod内の音楽や動画・写真を管理できるソフト。Windows 98以降に対応する寄付歓迎のフリーソフトで、編集部にてWindows Vistaと第5世代iPodで動作を確認した。作者のWebサイトからダウンロードできる。なお、iPod touchには対応していない。

 「iTunes」は多機能だが、その分動作が若干重い。そのため、iPodから数曲追加したり削除するためだけに「iTunes」を利用するのは面倒だというユーザーも多いだろう。そんなときに便利なのが「Floola」だ。“iTunes Store”にアクセスする機能などをもたない代わりに、軽快に動作するのがうれしい。また、インストール作業を必要としないので、USBメモリや“iPod”自身に入れて持ち運べるのも便利。

 なお、本ソフトはフォーマットや復元されたばかりのiPodには対応しておらず、最低1度は「iTunes」で曲を転送して、iPodを初期化しておく必要があるので注意。ただし、本ソフト自体は「iTunes」がインストールされていないPCでも利用できる。

 使い方は、iPodをあらかじめパソコンに接続した状態で本ソフトを起動すればよい。すると、本ソフトがiPodを自動的に認識して、iPod内の音楽・動画ファイルやプレイリストを読み込む仕組み。なお、初回起動時はiPodの種類や世代をプルダウンメニューから選択する必要があるため、把握してない場合はあらかじめ調べておくとよいだろう。また、iPodの世代によっては“FWID”が必要になることがあるので注意。詳しくは作者サイトのヘルプを参考にしてほしい。

 画面は「iTunes」と同様に、音楽ファイルをジャンル・アーティスト・アルバムなどで絞り込んで表示する仕組みなので、「iTunes」に慣れた人ならば違和感なく使えるだろう。音楽・動画ファイルをiPodへ追加するには、[項目]−[(iPodに)追加]メニューを選ぶと表れるダイアログ上に、追加したいファイルをドラッグ&ドロップすればよい。ファイルの削除は、リスト上の右クリックメニューから可能。そのほか、iPod内の写真を管理する機能などを備えている。

 さらに、iPodでは再生できない形式の音楽・動画ファイルを自動で対応する形式に変換してインポートできる機能も備えている。本機能を利用するには、メニューの[Tools]−[初期設定]から設定ダイアログを開いたのち、“Convert”タブから[インストール]ボタンを押せばよい。すると、音声・動画の変換エンジン「FFmpeg」がiPod内にインストールされ、ファイルの変換時に利用される仕組み。インストールされたファイルは、[Tools]−[Advanced]−[Floolaをアンインストール]メニューから、いつでも削除できる。


【著作権者】Tomas Camin 氏
【対応OS】Windows 98以降
【ソフト種別】フリーソフト(寄付歓迎)
【バージョン】3.6

□floola.com - Wiwi - Home
http://www.floola.com/modules/wiwimod/
□floola.com - Wiwi - Troubleshooting(ヘルプページ)
http://www.floola.com/modules/wiwimod/index.php?page=docs_troubleshooting

(柳 英俊)




トップページへ

Copyright ©2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.
窓の杜編集部へのご連絡について