窓の杜Logo
同一ジャンルソフト記事
同じ「ゲーム」ジャンルのソフト記事を読む
NEWS (08/01/21 14:55)

比率固定ズームができないワイドモニターで4:3のゲームを正しく表示するツール

同人シューティングゲーム「東方風神録」を縦画面でプレイするためのツールも

表示を拡大させたいゲームのインストールフォルダへDLLとINIファイルをコピーして利用する
表示を拡大させたいゲームのインストールフォルダへDLLとINIファイルをコピーして利用する
 縦横比を固定した拡大表示ができないワイドモニターや液晶TVで、縦横比4:3のゲームを正しい比率でプレイできるようにする「アスペクト比を固定したまま画面を拡大するツール」のDirectX 8/9版が、12月24日に公開された。Windows XPに対応するフリーソフトで、現在作者のホームページからダウンロードできる。

 最近はワイド画面の液晶モニターが普及しつつあるほか、PC入力を備えるワイド液晶TVなども発売されており、大画面でPCゲームを楽しめるようになっている。このときゲーム自体の解像度が640×480や800×600などモニターの解像度より小さい場合は、モニター内蔵の拡大機能を利用して画面いっぱいに表示することが可能だ。

 ただし、モニターやTVの機種によっては、拡大時に4:3の画面をワイド画面へ引き延ばしてしまい、ゲームの画面が横長になってしまうことがある。そこで「アスペクト比を固定したまま画面を拡大するツール」を利用すれば、モニター側の拡大機能に頼らず、ソフト側で画面出力をリアルタイムに拡大し、縦横比を保ったまま大画面でゲームをプレイできる。

 本ソフトは、Direct3Dで画面を描画するDirectX 8/9製ゲームに対応する。利用するには、表示を拡大させたいゲームのインストールフォルダに、ゲームが使用しているDirectXのバージョンと対応する本ソフトのDLLおよびINIファイルをコピーしよう。ゲーム本体にパッチ等を適用する必要はないため、安全かつ手軽に試すことが可能だ。

 あとはゲームを起動すれば、縦横比を固定したまま起動時のデスクトップ解像度まで画面を拡大した状態でゲームをプレイできる。また、拡大方式や画質をINIファイルであらかじめ設定可能なほか、ゲーム中にホットキーでリアルタイムに変更する機能も備えている。

 なお、ゲームによっては効果がなかったり、正常に動作しなくなる可能性もあるので注意。利用を中止する場合は、コピーしたDLLファイルを削除するだけでよい。


SXGA(解像度1280×1024)のモニターで「東方風神録縦画面化ツール」を利用し、縦画面かつゲーム部分を拡大して「東方風神録」をプレイ
SXGA(解像度1280×1024)のモニターで「東方風神録縦画面化ツール」を利用し、縦画面かつゲーム部分を拡大して「東方風神録」をプレイ
 そのほか作者サイトでは、本ソフトと同様の仕組みにより、同人シューティングゲーム「東方風神録 〜 Mountain of Faith.」を縦画面でプレイするためのツール「東方風神録縦画面化ツール」も公開されている。ピボット機能により画面を90度回転できる液晶モニター向けに「東方風神録」のゲーム画面を回転するだけでなく、ゲーム画面右側のスコア・ステータス表示を省略して縦長のゲーム画面にすることで、縦長の液晶モニターをめいっぱい利用した大画面でゲームを楽しめる。


・「アスペクト比を固定したまま画面を拡大するツール for DirectX8(仮)」
【著作権者】新坂 秀敏 氏
【対応OS】Windows XP
【ソフト種別】フリーソフト
【バージョン】1.2(07/12/24)

・「アスペクト比を固定したまま画面を拡大するツール for DirectX9(仮)」
【著作権者】新坂 秀敏 氏
【対応OS】Windows XP
【ソフト種別】フリーソフト
【バージョン】1.1(07/12/24)

□Black technology lab
http://niisaka.s33.xrea.com/
□東方風神録縦画面化ツール - Black technology lab
http://niisaka.s33.xrea.com/2008/01/post-28.html

(中村 友次郎)




トップページへ

Copyright ©2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.
窓の杜編集部へのご連絡について