窓の杜Logo
同一ジャンルソフト記事
同じ「インターネット・セキュリティ」ジャンルのソフト記事を読む
NEWS (07/12/12 12:05)

IE/Firefoxで過去に閲覧したWebページを全文検索できる「HttpLogger」

閲覧したWebページのテキスト情報のみを独自に自動保存

「HttpLogger」v0.8.2
「HttpLogger」v0.8.2
「HttpLogger」v0.8.2
 IEや「Firefox」で過去に閲覧したWebページを全文検索できる「HttpLogger」v0.8.2が、7日に公開された。Windows 2000/XP/Vistaに対応するフリーソフトで、現在作者のホームページからダウンロードできる。

 Web上で過去に見たページを再度閲覧したい場合、ブックマークに登録していない限りGoogleやYahoo!などの検索エンジンを利用して目的のページを探す必要がある。しかし、検索キーワードの指定方法によっては検索結果が膨大な量になってしまい、該当するページへなかなかたどり着けないといったことが多々あるだろう。

 そこで「HttpLogger」を利用すれば、過去に閲覧したWebページをローカル上で全文検索できる。インストールすると、IEや「Firefox」で閲覧したWebページのテキスト情報のみを独自に自動保存し、その中から全文検索できるようになる。自分が閲覧したことのあるWebページだけが検索対象となるため、インターネット上の検索エンジンと違い、目的のWebページを探しやすい。

 本ソフトをインストールしたら、IEまたは「Firefox」のアドレスバーに“http://history/”と入力する。ここでWebブラウザーに表示されたページが本ソフトの管理画面となる。このとき、「Firefox」の場合は正しく管理画面が開かれず、別のWebサイトが開いてしまうことがあるので、その場合はWindowsを再起動してみよう。

 全文検索するには、管理画面上部にあるテキストボックスへ検索キーワードを入力すればよい。キーワードに一致するWebページが見つかると、Webページのタイトルと概要文が一覧表示され、タイトルのクリックで対象ページへ移動できる。なお、検索キーワードは大文字・小文字が区別されるため注意が必要だ。

 管理画面では、自動保存の対象から除外したいWebサイトをドメイン単位で指定できる。過去に閲覧したことのあるドメインが一覧表示されるので、除外したいドメインの左横にあるチェックボックスをONにして、画面下部の[チェックしたサイトを記録対象から除外]ボタンをクリックすればよい。


【著作権者】KLab(株)
【対応OS】Windows 2000/XP/Vista
【ソフト種別】フリーソフト
【バージョン】0.8.2(07/12/07)

□DSAS開発者の部屋:Windows用フリーウェア「HttpLogger」を公開します
http://dsas.blog.klab.org/archives/51129788.html
□DSAS開発者の部屋
http://dsas.blog.klab.org/
□KLab−携帯電話向け各種システム、サイトの企画開発運用。動画配信、メール配信などのソリューションとメディア事業
http://www.klab.org/

(久保 望)




トップページへ

Copyright ©2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.
編集部への連絡は お問い合わせはこちらをクリック まで