窓の杜Logo
【第266回】

ミステリー系ノベルゲーム「鴉の断音符」

48のエピソードで綴られる16通りの物語

(06/05/19)
タイトル画面
   

 インターネット上で公開されているゲームは、大手メーカーが制作・販売している大作から、個人が趣味で制作して無料で公開しているものまで、ジャンルや価格を問わず、さまざまなものが存在している。しかし、公開されているゲームの数が多すぎて、どんな作品が存在し、どの作品が本当に面白いのかを判断できずに困っている方も多いだろう。そこで『週末ゲーム』では、インターネット上でたくさん公開されているゲームのなかから、選び抜いた良作を毎週紹介していく。今回は、殺人現場を偶然目撃した鴉(からす)の視点で、事件の真相や街の人々の様子をマルチエンディングで描くノベルゲーム「鴉の断音符」を紹介しよう。

本作の主人公である鴉の“ヤタ”。高い知能をもち、何者にも束縛されない自由な存在だ
本作の主人公である鴉の“ヤタ”。高い知能をもち、何者にも束縛されない自由な存在だ
黒髪の少女による中年男性の殺害現場をヤタが目撃したことが、この物語の発端となる
黒髪の少女による中年男性の殺害現場をヤタが目撃したことが、この物語の発端となる
 「鴉の断音符」は、ノベルタイプのアドベンチャーゲームだ。背景画像と人物の立ち姿に重ねて画面全体に表示される文章を読むことで、ゲームは進んでいく。1日に1回、個人住宅地や商店街など、その日出かけたい場所に対応した8つの選択肢から1つを選ぶことで、訪れた場所に応じたエピソードが展開する。

 主人公の“ヤタ”は、過去にとある研究所から脱走した、人間並みの知能をもつはぐれ鴉。ある朝彼が日課として訪れた山のなかで、黒髪の少女が中年男性をナイフで滅多刺しにして殺害する現場を目撃したところから物語は始まる。人という生き物に興味をもっていたヤタは、偶然目撃した殺人事件に好奇心を強く刺激される。『人は、どうして何のためらいもなく仲間を殺せるのか』。プレイヤーはヤタの移動先を選択することで彼を導き、人間たちの観察を通じて事件の真相へと迫っていく。


殺人事件の調査を担当する古株刑事“堂口 勘九郎”(左)と部下の“丸山 敏夫”(右)
殺人事件の調査を担当する古株刑事“堂口 勘九郎”(左)と部下の“丸山 敏夫”(右)
長期入院中の少女“堂口 早苗”。ヤタの友達で彼の訪問を心待ちにしてくれている
長期入院中の少女“堂口 早苗”。ヤタの友達で彼の訪問を心待ちにしてくれている
 本作には、街で生活するさまざまな人々が登場する。全身27箇所を刺され死亡した銀行頭取“烏丸 善治(からすま ぜんじ)”の養子で、美しい黒髪が印象的な美人“烏丸 美耶子(からすま みやこ)”。美耶子と何らかの関係があるらしい新米警官“桐崎 真一(きりざき しんいち)”。ヤタの友達で、生まれつき体が弱く長期入院中の少女“堂口 早苗(どうぐち さなえ)”。烏丸善治殺人事件の指揮を任されている古株刑事“堂口 勘九郎(どうぐち かんくろう)”。このように立場も年代も異なるさまざまなキャラクターたちが、人間くさいドラマを展開していく。

 何者にもとらわれない自由な存在であるヤタは、必ずしも事件の真相ばかりを追うわけではない。容疑者である美耶子や病床の少女早苗との交流や、開発の名の下に山を焼き払う人間の観察などを通して、好奇心のおもむくまま人の心の美しさや醜さに触れていくことでヤタの心は変化し、物語はさまざまな結末を向かえることになる。プレイヤーの選択によっては、鴉たちを率いて人間に反旗を翻すショッキングな展開も……。


プレイ期間は3月15日から22日までで、1日の始まりにはカレンダーが表示される
プレイ期間は3月15日から22日までで、1日の始まりにはカレンダーが表示される
1日に1回ヤタの移動先を選択していくことで、物語はさまざまな結末を向かえる
1日に1回ヤタの移動先を選択していくことで、物語はさまざまな結末を向かえる
 ゲーム中で描かれる期間は8日間で、そのうち移動先を選べるのは6日目まで。8択×6日間で計48ものエピソードが用意され、また最後の2日間は16のエンディングのなかから、1つの結末が語られる。これは一見すると結構な数だが、個々のエピソードは短めで、2〜3分程度と短時間でサクサクと読み進められるほか、一度読んだ文章をスキップする機能も用意されているので、目的の結末を求めて気軽に繰り返しプレイが可能だ。さらにタイトル画面から[Score]を選択すると、すでに見たエンディングを確認したり、物語の結末を暗示するヒントを参照できるので、これを参考にプレイを進めていこう。

 ゲームの進め方に迷った場合は、無理に特定のエンディングを目指さずに、何日目にどこで何が起こるのか、ちょっとしたメモを作成してみよう。ひととおりのエピソードに目をとおしたら、目的のエンディングに至るにはどのエピソードをつなぎ合わせるべきかを考えながら、自分で物語を組み立てるつもりでプレイするといいだろう。

 本作の魅力はif(もしも)の物語としての結末の幅広さだが、豊富なエピソードを通して登場人物たちの異なる側面を見せることで、人間がもつ多面性を巧みに表現している点も見逃せないポイントだ。また、シリアスなストーリー展開にマッチした、渋めのキャラクターイラストも目を引く。とくに物語冒頭、殺人を犯した女性が周囲をうかがうギョロついた目つきは、キャラクターの心境を上手く表現しておりとても印象的。本作はサスペンスものということでやや後味の悪い結末も少なくないが、自由度の高さのわりに手軽に楽しめるので、難しい推理は苦手という人にもぜひ試してほしい作品だ。

被害者の養子で容疑者と目される“烏丸 美耶子”と、新米警官“桐崎 真一”の関係とは?   事件解決のカギとなる凶器のナイフ。物語の展開によっては意外な使われ方も……
被害者の養子で容疑者と目される“烏丸 美耶子”と、新米警官“桐崎 真一”の関係とは?   事件解決のカギとなる凶器のナイフ。物語の展開によっては意外な使われ方も……

【著作権者】飼育係 氏
【対応OS】Windows 95/98/Me/2000/XP
【ソフト種別】フリーソフト
【バージョン】1.05(06/05/09)【ファイルサイズ】21.7MB

□飼育小屋製作委員会
http://www.geocities.jp/straycat_jpn/shiiku.html

(霧島 煌一)




トップページへ
週末ゲームINDEX へ
Copyright ©2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.
編集部への連絡は お問い合わせはこちらをクリック まで