窓の杜Logo
NEWS (05/06/22 19:00)

「Firefox」でソース表示に好きなエディターを利用可能に「ViewSourceWith」

ソース表示に利用するエディターは複数登録できる

「ViewSourceWith」v0.0.7.1
「ViewSourceWith」v0.0.7.1
 「Firefox」で現在閲覧しているWebページのHTMLソースを好きなエディターで表示できるプラグイン「ViewSourceWith」v0.0.7.1が、12日に公開された。編集部にてWindows XPで「Firefox」v1.0.4 日本語版での動作を確認した。寄付歓迎のフリーソフトで、現在作者のホームページからダウンロードできる。

 「ViewSourceWith」は、「Firefox」で現在閲覧しているWebページのHTMLソースを好きなテキストエディターやHTMLエディターで表示可能にするプラグイン。「Firefox」は通常、「Firefox」の“view-source”ウィンドウでしかHTMLソースを表示できないが、本ソフトを使えば任意のエディターをソース表示に利用できるようになる。海外製ソフトだが日本語表示に対応しており、「Firefox」のほか、「Mozilla」や「Thunderbird」、WYSIWYG型HTMLエディター「Nvu」にも導入可能。

 使い方は、インストール後に本ソフトの設定画面を開き、ソース表示に利用するテキストエディターやHTMLエディターのフルパスと表示名を登録しよう。あとは、[表示]−[ページのソース]とメニューをたどるか[Ctrl]+[U]キーを押せば、標準の“view-source”ウィンドウの代わりに指定したエディター上でHTMLソースが開く。

 エディターは複数登録することもでき、Webページ上の右クリックメニューで[ソースを指定アプリで開く]をクリックすると、登録した複数のエディターがメニュー表示されるので、いずれか1つを選べばそのソフトでソースを表示できる。そのほか、ツールバーにソース表示用のボタンを追加することも可能。


【著作権者】Davide Ficano 氏
【対応OS】(編集部にてWindows XPで動作確認)
【ソフト種別】フリーソフト(寄付歓迎)
【バージョン】0.0.7.1(05/06/12)

□DafiZilla extensions
http://dafizilla.sourceforge.net/
□Nvu - The Complete Web Authoring System for Linux, Macintosh(「Nvu」の公式ページ)
http://www.nvu.com/

(石川 敬峰)




トップページへ

Copyright ©2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.
編集部への連絡は お問い合わせはこちらをクリック まで