窓の杜Logo
NEWS (04/04/22)

“Google”検索の仕様変更で検索結果が文字化けしてしまうソフトが続出

設定変更やバージョンアップなどで対応可能

 22日未明〜昼頃にかけて検索サービス“Google”の仕様が変更されたことに伴い、同サービスを利用して検索結果を表示するタイプのオンラインソフトで、結果表示の際に文字化けが起こっている。

 これまではShift-JISでエンコードした検索キーワードを、URLの一部として“Google”に送信していたが、この際の文字コードがUTF-8に変更されたことが原因だ。ただし、これまでも“どの文字コードでエンコードしたか”を検索キーワードと併せて送信することもできたため、Shift-JISでエンコードした文字列を送信するタイプのソフトであっても、文字化けせずに検索可能なものもある。つまり文字コードのタイプを指定しない場合の、標準設定が変更されたということ。

 したがって対策としては、検索時の文字コードを設定可能なソフトであれば、“Google”へ送信するキーワードの文字コードを従来のShift-JISからUTF-8に変更すればよい。またエンコードする文字コードとしてUTF-8を選択できないタイプのものは、検索キーワードの前にShift-JISでエンコードした旨を記述すれば、文字化けせずに済む。

□“Google”にてキーワード“窓の杜”をShift-JISで検索した場合のURL例
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&inlang=ja&ie=Shift_JIS&q=%91%8B%82%CC%93%6D

 以下、窓の杜ソフトライブラリに収録中のソフトを編集部にて検証した結果を掲載するので、お使いのものがあれば、対策などに役立てて頂きたい。

ソフト名 バージョン 公開日 “Google”検索の文字化け状況(※1) 対応バージョンアップ(※2)
Opera v7.23 日本語版(差し替え版) (04/02/04) -
Sleipnir v1.42 (03/07/07) ×
DinopSearchBar v1.66 (03/01/27) ×
右クリックサーチ君 v8.01 (04/04/16) ×
ドンデスタ v1.03 (03/12/29) × ×
ICQ Pro 2003b Build #3916 (03/10/29) -
ICQ Lite Beta Build #1341 日本語版 (03/12/23) -
マピオンツールバー v1.1.1.9 (04/02/03) -
Download & Search Bee v1.200 (03/11/26) -

※1  
  インストール後すぐの標準設定で文字化けしない
  設定変更後は文字化けしない
  × 文字コードを指定できず文字化けしてしまう

※2  
  対応バージョンアップ版が公開済み
  バージョンアップ版が公開されているが本件とは無関係
  - ※1が問題ないため対象外


(岩崎 綾)


お詫びと訂正: 記事掲載時に動作検証の表において、「右クリックサーチ君」の検証結果に誤りがございました。また、『このほかソフトによっては、すでにバージョンアップした対応版が公開されているものもある』と記述しましたが、記事掲載時の段階では対応版が公開されているソフトは、ございませんでした。お詫びして訂正いたします。

トップページへ

Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.
編集部への連絡は お問い合わせはこちらをクリック まで