窓の杜Logo
NEWS (04/04/19)

TCP/UDPで通信中のアプリケーションの情報を一覧表示できる「CurrPorts」v1.00

アプリケーションのフルパスや製品名、実行開始日時や実行アカウント名も表示可能

「CurrPorts」v1.00
「CurrPorts」v1.00
 TCP/UDPで通信中のアプリケーションの情報を一覧表示できるソフト「CurrPorts」v1.00が、5日に公開された。Windows 2000/XPに対応するフリーソフトで、現在作者のホームページからダウンロードできる。

 「CurrPorts」は、TCP/UDPポートを開いて通信中のアプリケーションを一覧表示できるソフト。通信ソフトの動作確認や、怪しげなスパイウェアの発見、あるいはクラッカーから身を守るためのセキュリティチェックなどに役立つ。

 通信中のアプリケーションについて数多くの情報を表示できるのが特長。アプリケーションの実行ファイル名やTCP/UDPの別、ローカルポートの番号、アクセス先のIPアドレスとポート番号、通信状態といった基本情報に加え、実行ファイルのフルパスや製品名・会社名、バージョン、実行開始日時や実行アカウント名など、全17項目を表示できる。取得した情報は、TXT/HTML/XMLファイルで保存可能だ。

 さらに、システムアカウントなどのユーザー以外の権限で起動したアプリケーションであっても、右クリックメニューからアプリケーションを強制終了でき、そのほか接続が確立している通信を切断することも可能。また、一覧表示する項目をチェックボックスで絞り込んだり、2〜10分間隔で表示情報を自動更新することもできる。


【著作権者】Nir Sofer 氏
【対応OS】Windows 2000/XP
【ソフト種別】フリーソフト(個人での非商用利用のみ)
【バージョン】1.00(04/04/05)

□NirSoft
http://nirsoft.mirrorz.com/

(石川 敬峰)


トップページへ

Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.
編集部への連絡は お問い合わせはこちらをクリック まで