窓の杜Logo

.
Review NEWS

3姉妹をメガネまで導くパズルゲーム「めがね^3 〜めがね・メガネ・眼鏡〜」

ステージ上空から矢印つきパネルや箱を落として姉妹の進路を変えていこう

(04/02/23)

「めがね^3 〜めがね・メガネ・眼鏡〜」v1.0
「めがね^3 〜めがね・メガネ・眼鏡〜」v1.0
 妖精を操作して3姉妹をメガネまで導くパズルゲーム「めがね^3 〜めがね・メガネ・眼鏡〜」v1.0が公開された。Windows 98/Me/2000/XPに対応するフリーソフトで、現在作者のホームページからダウンロードできる。なお、動作にはDirectX 7以降が必要。

 「めがね^3 〜めがね・メガネ・眼鏡〜」は、メガネを落として困っている3姉妹をメガネまで導くステージクリア型パズルゲーム。全70ステージで、初期状態では最初の15ステージを好きな順番でプレイでき、ステージクリアすることで遊べるステージが増えていく。プレイヤーは、ステージの上空で羽ばたいている“メガネの妖精”を操作し、手持ちの矢印つきパネルや箱などを落として姉妹の進路をコントロールしよう。姉妹は各ステージに1人ずつ登場し、一定の法則にしたがってステージ内を常に歩き回っているため、思いどおりに動かすには素早く確実なキー操作が必要だ。画面はステージを斜め上から見下ろしたクォータービュー形式で描かれ、平面だけでなく上下の概念もある。姉妹は基本的にまっすぐ進み、目の前に箱がある場合、1段ならばよじ登るが、2段以上積まれていれば箱を壁と見なして90度右に向きを変え、再び前へ歩き出す。足場がない場所では下へ落下し、また矢印つきパネルに乗ると、矢印が示す方向へ向き直って進んでいく。姉妹は歩くたびに体力が減っていき、トゲを踏むと大きく体力を減らす。体力がゼロになるか、池に落ちたり、ステージ内を往復するように歩き回る敵キャラ“宇宙パンダ”に接触するとゲームオーバー。姉妹がメガネにたどり着けばステージクリアだ。

 ステージ1〜5では長女の“みなみ”が、6〜10では次女の“みつき”が、11〜15では長男にメガネを届けにいく三女の“みゆ”が登場する。3人はそれぞれ背の高さが違うため、箱の下を潜り抜けるのに必要な隙間の大きさも変わってくる。一番小さな三女は、箱1つ分の隙間があればほふく前進で潜り抜けることができ、次女は箱2つ分の隙間を通過可能。長女は背が高いため、箱1〜2個分の隙間では通り抜けることができず、壁と同様に右方向へ向きを変えてしまう。プレイヤーが操作する妖精は、方向キーで移動し、[Space]キーで矢印つきパネルや箱、爆弾などのアイテムを妖精の真下に落とすことができる。アイテムの数は有限で、ステージにより手持ちのアイテムの種類や数が異なる。落とせるアイテムは画面右上の“落下リスト”に表示されており、[B]キーに続けて方向キーの左右を押すことで落下アイテムを変更可能。パネルの矢印の向きは、[N]キーを押せば反時計回りに90度ずつ回転できる。また、箱などに隠れてしまっている部分を見たい場合は、[Z]あるいは[X]キーを押せば、ステージの向きを90度ずつ回転させることが可能。アイテムの数が足りなくなるなどステージを最初からやり直したいときは、[F5]キーを押して再スタートしよう。

 ステージには矢印つきパネルや箱のほか、爆弾で破壊可能な“パンダブロック”、姉妹や敵キャラが2回乗ると壊れてしまう“木箱”、壁もひとっ飛びの“ジャンプ台”、姉妹や敵キャラの進行方向を変えずに運搬する“ベルトコンベア”など、さまざまな仕掛けが用意されている。これらの仕掛けを活用しなければステージクリアはおぼつかないが、ステージ1〜15の冒頭に表示されるデモを見れば、ゲームの仕組みを一とおり理解できるだろう。

次女の“みつき”は箱2個分の隙間を潜り抜けられる   “パンダブロック”は爆弾で破壊可能
次女の“みつき”は箱2個分の隙間を潜り抜けられる   “パンダブロック”は爆弾で破壊可能

【著作権者】Keio Digital Vertex
【対応OS】Windows 98/Me/2000/XP
【ソフト種別】フリーソフト
【バージョン】1.0

□KDV@net
http://www.d-vertex.com/

(石川 敬峰)


トップページへ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.
編集部への連絡は mado-no-mori-info@impress.co.jp まで