窓の杜Logo

.
Review NEWS

右クリックメニューのさまざまな項目を編集できるソフト「Contexter」v1.1

[新規作成]メニューや[送る]メニューの項目も変更可能

(03/07/14)

「Contexter」v1.1
「Contexter」v1.1
 フォルダのほか、ファイルの拡張子ごとに個別に設定されている右クリックメニュー内の項目や、[新規作成]メニューや[送る]メニューの項目を編集するソフト「Contexter」v1.1が、1日に公開された。Windows XPで動作するフリーソフトで、現在作者のホームページからダウンロードできる。また、編集部で試用したところ、Windows 2000でも動作することを確認した。なお、動作にはVB 6ランタイムが必要。

 「Contexter」は、ファイルやフォルダの右クリックメニューに表示されるさまざまな項目を編集できるソフト。本ソフトを起動すると、編集の内容ごとにタブで区別されたウィンドウが表示される。[メニューに追加]タブでは、選択した1つまたは複数の拡張子ごとに、右クリックメニューの項目を追加できる。具体的には、右クリックメニューに表示する文字や、右クリックメニューから項目を選択した際に実行するプログラムのほか、必要に応じてショートカットキーの指定が行える。また、[メニューの編集]タブでは、右クリックメニューに登録されている拡張子別の項目を削除したり、項目に表示する文字や実行プログラムなどを変更することが可能。ただし、項目の追加・削除・変更を行うことでレジストリが書き換えられるため、事前にレジストリのバックアップを行った方がよいだろう。なお、残念ながら本ソフトを使っても削除できない項目も存在するようだ。

 そのほか、[『新規作成』]タブでは、[新規作成]メニューに表示する項目として、任意の拡張子で内容が空のファイルやテンプレートを選択できるほか、不要な項目を削除することが可能。[『送る』]タブでは、[送る]メニューに任意のプログラムやフォルダを追加できるほか、既存の項目の名称変更や削除を行ったり、項目をバックアップすることもできる。

【著作権者】こ〜いち 氏
【対応OS】Windows XP(編集部にてWindows 2000でも動作確認)
【ソフト種別】フリーソフト
【バージョン】1.1(03/07/01)

□クラス・モ・ジュール
http://www.wainet.ne.jp/~ko-ichi/

(竹元 克己)


トップページへ
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.
編集部への連絡は mado-no-mori-info@impress.co.jp まで