窓の杜Logo

.
NEWS

最小限の簡単な操作でファイルを暗号化・復号化することができる「Chaky」

信頼性の高い暗号アルゴリズム“CAST-128”を使い、手軽にセキュリティを強化

(03/01/29)

「Chaky」v1.74
「Chaky」v1.74
 最小限の簡単な操作でファイルを暗号化・復号化することができるソフト「Chaky」v1.74が、23日に公開された。Windowsに対応するフリーソフトで、編集部で試用したところWindows XPで動作することを確認した。現在作者のホームページからダウンロードできる。

 「Chaky」は、最小限の簡単な操作でファイルを暗号化・復号化することができるソフト。本ソフトの実行ファイルが置かれたフォルダとサブフォルダ内の全ファイルを暗号化できる。まずは暗号化したいファイルのあるフォルダへ本ソフトの実行ファイルをコピーしておく。起動すると、パスワードを入力する画面が表示されるので、2回同じパスワードを入力し、“暗号化”ボタンを押すと対象のファイルが暗号化される。復号するには、もう一度本ソフトを起動し、暗号化する際に使用したパスワードを入力して“復号化”ボタンを押せばよい。このように、操作が簡単で難しい設定などの手間も必要ないのが特長だ。複数人で本ソフトを使用し、共有フォルダやメール添付などで暗号化したファイルの受け渡しをする、といった使い方もできそうだ。

 なお、本ソフトは暗号アルゴリズムに“CAST-128”を使っている。“CAST-128”とは、“DES”に似たアルゴリズムのブロック暗号で、64ビットのブロック長と1〜128ビット可変の鍵長をもつ。アルゴリズムには特許が成立しているが、フリーで使用でき、RFC2144として公開されている。「IPSec」や「PGP」v5.xでも採用されており、信頼性の高い暗号アルゴリズムと言えるだろう。

【著作権者】IdiaGdia 氏
【対応OS】(編集部にてWindows XPで動作確認)
【ソフト種別】フリーソフト
【バージョン】1.74(03/01/23)

□IdiaGdia Official Gate
http://idiagdia.com/

(大場 亮)


トップページへ
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.
編集部への連絡は mado-no-mori-info@impress.co.jp まで