NEWS


Internet Explorer 5.01日本語版がリリース

セキュリティ問題の修正や暗号強度の強化がメイン

(99/12/08)

「Internet Explorer」5.01
 マイクロソフト(株)は8日、Webブラウザー「Internet Explorer」5.01をリリースした。現在、Windows 95/98/NT 4.0用のセットアップファイルが、同社サイトからダウンロードできる。

 Internet Explorer 5.01では、インターネットショートカットアイコンを開くときに、新しいウィンドウを開くのではなく、既に起動しているウィンドウ内にページを表示するためのオプションが追加された。また、IE 5日本語版では40bitだった暗号強度が、5.01日本語版では56bitまで強化されている。このほかマイクロソフトでは、6日に修正プログラムが公開されたばかりの“Javascriptリダイレクト”問題を含め、IE 5について報告されたセキュリティ問題が修正されたとしている。

 ブラウザー以外の部分ではOutlook Express 5.01に、送信先の相手がメッセージを読んだことを確認できる“開封確認”機能が追加されたほか、Hotmailアカウントを使用している際に、Outlook Express 5.01の画面下部に広告ウィンドウが表示されるようになった。

 IE 5.01のセットアップには、現在インストールされているIEの構成ファイルをチェックして、必要なものだけをダウンロードするパッチ方式が採用されたため、アップデートに要する時間が従来のIEに比べて短縮されている。また、アンインストール機能が改善され、アップデートする前の状態にいつでも戻せるようになった。

□Internet Explorer Home Page
http://www.microsoft.com/japan/ie/
□サポート技術情報 − 新着サポート技術情報
http://www.microsoft.com/japan/support/tdoc/IE_newest.htm

(新城 雅章)

トップページへ


Copyright(C), 1996-1999 Impress Corporation.
編集部への連絡は mado-no-mori-info@impress.co.jp まで